The Socirty of Plastic and
Reconstructive Surgeons of Thailand



Dermatalogical Society of Thailand





track visits
จำนวนผู้เข้า Web


 


 

目の下のたるみ

 

 

目の周りはまばたきや、笑ったときなど頻繁に動かすところなので皮膚の老化が進みやすい場所です。だぶついて余った皮膚は下まつげにそって切開して取り除きます。目の下のふくらみは、眼窩脂肪(目をくるんでいる脂肪)の蓋をしている膜が加齢とともにゆるむことが原因でおこりますが、若い方でももとからゆるんでいる場合があります。目の下にふくらみがあると、そのしたに影ができていわゆる「くま」の原因にもなります。

この脂肪の取り除き方は二通りあります。くまが気になる方などはヒアルロン酸が有効の場合もあります。また、下まぶたの逆さまつ毛にもこの手術は非常に効果的です。更に脂肪を除去することで、目元がすっきりと見え、非常に満足の高い手術になります。

 

 

目の下専用ヒアルロン酸は
目のたるみのお悩みの中で最も多い「目の下のたるみ」について、当院ではまず目の下のヒアルロン酸術をお勧めしています。施術直後から効果が実感。ダウンタイムもなくお化粧してお帰りになれます。注入後半年~1年で吸収されてなくなりますので、定期的な追加注入が必要です。

ヒアルロン酸による目の下のたるみ取りは中程度のたるみの方までの対応が可能です。

 

目の下のたるみの手術

点クリームによる麻酔、そして極細の針による注射で局所麻酔をしますので、術中の痛みは少なくて済みます。まつ毛の生え際1〜2mm下をまつ毛と平行にカットし、たるんだ筋肉を引き締め、まぶたの組織を丁寧に処理し、余った皮膚を取り除きます。たるみを取る手術ですので、目の形が変わったりすることはありません。皮下脂肪の多い方は、同時に脂肪を取り除きます。これにより、疲れてみえる「目の下のクマ」を解消できます。傷跡は下まつ毛の生え際に隠れます。元々目元は血行の良い部位の為、最終的には殆ど目立たない状態になります。手術は局所麻酔で行い、45分程で終了します。術後の腫れや痛みもわずかで、個人差はございますが腫れは3日程度でおさまりますが、それまでは安静にしてください。手術当日からシャワーもOKです。
また、当日よりメイクも可能です。効果持続期間は10年以上です。